へーベルハウスの新築一戸建て・分譲住宅の特長

へーベルハウスの「まちづくり」

大規模開発だからできる美しい街並み計画や、外構計画を展開します。

一邸一邸がゆとりの広さを確保し、2台分の駐 車スペースや庭が暮らしを豊かにしてくれます。
「街並み計画」「隣棟計画」「色彩計画」、さまざまな計画のもと熟考を重ねたものが、美しい街並として実現されています。

「街並み計画」
自然素材とロングライフ

石敷きのペーブメントやレンガタイルの門は、永く住むほどに、「風格と豊かさ」が増して行くように計画した自然素材を用います。

「隣棟計画」
お隣との関係を考慮したデザイン

住戸と隣り合う窓には、スマートな縦長窓をはじめ、透けて見えない型ガラス、向かい合わない窓の配置を考慮しプライバシーを確保しています。

「色彩計画」
アースカラーとロングライフ

自然素材を中心としたエクステリアとアースカラーの建物が一体となり、全体に陽気で優しく、親しみの持てる美しさに彩られます。

へーベルハウスの「家づくりの技術」

へーベルハウスの基本構造

ロングライフ住宅の基本「ラングライフシェルター」を構成する4つのファクター。

実物大実験を繰り返し行い、震度7クラスでの耐震性を検証しています。

へーベルハウスは、阪神・淡路大震災
で「全壊・倒壊ゼロ」

実物大のヘーベルハウスを使った振動台実験を、1998年、2002年、2004年と繰り返し実施。2002年と2004年にはそれぞれ阪神・淡路大震災と新潟中越地震の震度6強・震度7クラスの地震波で加振し、耐震性を検証しました。
その結果、いずれの実験においても比較的軽微な損傷で済み、高い耐震性を示しています。

へーベルハウスは
「制震」のパイオニア。

頑強な構造で揺れに対抗する「耐震」に対し、揺れを吸収して制するテクノロジーが「制震」です。ヘーベルハウスは、長年の耐震構造の研究から独自の制震テクノロジーを開発。それまで超高層ビルで利用されていた「制震」を、工業化住宅で初めて標準仕様としました。

独自の制震テクノロジー「制震フレーム」
が揺れを吸収して住まいを守ります。

住まいの骨組みの鉄骨フレームに制震デバイスを組み込んだ「制震フレーム」。“進化したすじかい”といわれるこの制震フレームが、ヘーベルハウスの制震構造の要です。

へーベルハウスの「エコ」

建物の長期耐用化

基本構造の、耐久力が高い。

基本構造は、60年間メンテナンスフリー!
へーベルハウスの基本構造は、基礎から鉄骨、[へーベル]まで、60年間メンテナンスフリー。
外装や防水も、30年目の集中メンテナンスで、60年間品質を保ちます。

暑さ寒さを、軽減する。

「耐久型断熱構法」で実現する、夏涼しく、冬暖かい住まい。
[FINE HEBEL HAUS]の断熱設計は、「耐久型断熱構法」。
次世代省エネルギー基準をクリアする高い断熱性が、新築時だけでなく、半世紀を超えて持続する住まいを実現しています。

建物の長期耐用化

大気と太陽のダブル発電スタイル!電気を自宅で作りながら、発電時の排熱を給湯や暖房に活用!

地中熱と太陽光のオール電化スタイル!自然エネルギーを賢く利用して、省エネと光熱費カットを実現します。

CO2削減率 約60%/年 光熱費削減額 約12年/年

暮らしにグリーンを。都市にグリーンを。緑をまとう住まい。

へーベルハウス「Green+(グリーンプラス)」

へーベルハウスの「住まい方いろいろ」

[眺望にこだわった住まい]
最上階のLDKで眺望を
一人占めに。

2方向に設けた開口部からの光と風が、3階ならではの明るさと開放感を際立たせます。窓からは四季折々に表情を変える自然の景観が一望に。

[生活導線にこだわった住まい]
家族がなかよく
快適に便利に暮らせます。

キッチン奥の扉を開けると、すぐに水回りに。家事導線を短縮し、さっと行き来ができるので、食事の支度と洗濯が楽に同時進行できます。

[ペットと暮らす住まい]
4匹の猫がのびのびと
暮らせる住まいです。

1階LDKの吹き抜けに設置したキャットウォーク。写真左手のネコ棚と2階廊下からの3方向からの行き来ができます。

[二世帯住宅の住まい]
快適な住空間で
和やかな同居。

3階建のゆとりで、子世帯はくつろぎ感あふれるLDKを実現。親世帯は3階ならではの明るい居住空間に大満足。

へーベルハウスの「アフターメンテナンス」

住まいの価値を、守り続ける。

60年計画のケアが、長持ちの秘訣。

点検とメンテナンスの予定を、60年先まで計画。そのスケジュールに従って厳しくチェックし、しっかりケアする。だからへーベルハウスの住まいは、長持ちするのです。

30年目の集中メンテナンスで60年耐用住宅を実現する、「ロングライフプログラム」。

へーベルハウスは、メンテナンスの必要な部材の耐久性を高め、耐用年数30年を実現。そのうえで、30年目にまとめて交換・補修を行う「ロングライフプログラム」を標準化しました。部材ごとにバラバラに行うとコストがかさむメンテナンスを、集中して行うことでコストを低減しながら、住まい全体で60年という長期耐用化を実現しています。

ロングライフプログラム(キュービック2階タイプの場合)

節目ごとに細かく入念にチェックする、「60年点検システム」。

へーベルハウスには、築後60年先まで定期的に住まいの点検を行う、「60年点検システム」があります。これは、節目ごとに住まいの不具合や劣化を細かく入念にチェックするもの。「ロングライフプログラム」とともに、60年の長期耐用住宅を支える独自の仕組みです。

【邸別ハウスカルテ】
図面・仕様書から建築後の点検・補修の履歴まで、すべての情報を1棟目から全物件について永久保存します。

【ホームサービス課】
定期点検の実施のほか、アフターケアの窓口として24時間受付体制で対応しています。

ご希望のエリアをお選びください