新築平屋の費用相場や間取りの実例。失敗しないポイントは?

間取り・設備 2021-01-29
D5677d39 99de 434c 912b 5bae0fbe04bb


新築平屋の費用相場や、おしゃれな平屋を建てるためのポイントは何でしょうか。平屋で失敗しないために、間取りの事例を知りたいという方もいるかもしれません。今回は平屋の価格相場や間取り事例、メリット・デメリットについて触れ、平屋づくりのポイントをわかりやすくご紹介します。


新築平屋の費用相場はいくら?


新築平屋の建築価格

新築平屋の建築費用は条件によって大きく異なるものの、2LDKまたは3LDKの広さで1000~2000万円程度と言われています。ローコスト住宅を提供する住宅会社や工務店のなかには、設計をシンプルにすることで販売価格を抑え、500万円から800万程度の本体価格で、コンパクトな平屋を建築しているところもあります。


2階建てと比較した場合の費用の違い

平屋なら2階建て住宅に比べて「建築価格を安く抑えられるのでは」と考えている方もいるかもしれませんが、必ずしも平屋の方が価格が安いとは限りません。なぜなら2階建てと同程度の延床面積を確保しようとした場合、平屋の方が広い土地面積が必要となるためです。また建築面積が広くなると、基礎部分や屋根が広くなるので、その分コストがかかります。


本体価格を延床面積(建物面積)で割った「坪単価」で見ても、2階建ての場合は、平屋には不要の階段とそれに付随するホールスペース分で延床面積が増えます。同じ本体価格であった場合、平屋の方が延床面積が少ない分、坪単価は高くなるでしょう。


平屋と2階建ての費用は、単純にどちらの方が安い、高いとは言えません。求める条件を満たすことのできる、住まいのかたちを検討してみてはいかがでしょうか。


新築平屋の間取り事例


新築平屋を建てることになったら、間取りについて悩む方もいるのではないでしょうか。ここでは、暮らしやすい平屋の間取り事例をご紹介します。


20坪前後・2LDKのコンパクトな平屋

20坪前後の狭い敷地であっても、無駄な廊下を省き、部屋数絞って2LDKにすれば、広々としたリビングをつくることが可能です。シュークロークなどの収納スペースをとることもできるでしょう。


3LDKも不可能ではありませんが、それぞれの部屋は少し狭くなってしまいます。ライフスタイルにあわせて、どこに広いスペースをとりたいかを検討し、メリハリのある家づくりができるとよいのではないでしょうか。


30坪前後・3LDKのゆとりある平屋

30坪ほどの敷地があれば、3LDKで駐車場付きの平屋を建築することができます。3人家族や4人家族であれば、十分ゆとりある暮らしができるのではないでしょうか。


3LDKの平屋づくりでは、部屋の配置に配慮したいところ。土地と道路の接し方など、条件によってベストな間取りプランは異なりますが、例えば、リビングは日当たりのよい南側に、滞在時間の短い玄関は北側にするといったアイデアがあります。営業担当者と相談しながら、住みよい間取りを検討しましょう。


30坪前後・4LDKのプライベート空間を確保した平屋

30坪あれば4LDKの間取りも十分可能です。洋室や和室など目的に合わせた部屋作りを考えてみてはいかがでしょう。ただし、部屋数が多くなる分、設計時には採光の取り方や風通しなどに配慮することが大切です。また、生活動線や家事動線についても検討し、効率的に動けるような間取りを考えたいですね。


おしゃれな平屋にするためのポイント


「おしゃれな平屋建てにしたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。デザイン住宅にこだわりたいという人もいるかもしれません。ここではおしゃれな平屋にするためのポイントをご紹介します。


屋根や外壁など外観にこだわる

第一印象となる屋根や外観にこだわって、お洒落な印象の平屋に仕上げましょう。例えば、屋根を一方向だけに勾配のある片流れ屋根にしたり、外壁の色を黒やグレーにしたりすれば、モダンな雰囲気の建物になるでしょう。白いタイルを使った外壁なら、軽やかさを演出できますよ。


外壁の素材によっても印象が大きく変わります。カタログを見るだけでなく、実際に街を歩いて好みの外壁を探してみるのもおすすめです。


天窓や勾配天井、ウッドデッキなどを取り入れて開放感のある空間に

室内には天窓を配置したり、勾配天井にしたりするといったひと工夫も、おしゃれな平屋にするコツです。あえて天井の梁を見せるデザインもよいですね。近年では、リビングの掃き出し窓にウッドデッキを設置する方も増えています。おしゃれな見た目になるほか、リビングをより広々とした空間に見せたり、アウトドアリビングとして活用できたりするのが人気の秘訣です。


平屋のメリット・デメリット


平屋のメリット

ワンフロアである平屋の最大のメリットは、階段を昇り降りする必要がないことです。小さな子どもから高齢者まで安心して暮らせるほか、水回りなどの家事動線も集約できるため、毎日の暮らしがよりラクになるでしょう。


また、平屋は2階建てに比べてメンテナンス費用が安く済むとも言われています。例えば、ある程度の築年数を過ぎると、経年劣化による外壁などのメンテナンスは避けられません。2階建て以上だと足場を組むなどの理由から高所作業費用がかかる場合が多いですが、平屋なら2階までの足場が必要ない分、メンテナンス費用を安く抑えることができます。


平屋のデメリット

平屋はワンフロアであることから、プライバシーを確保しづらいことがデメリットといえるでしょう。実際、平屋に暮らす人からは「人の出入りが分かりやい」「音漏れしやすい」といった声も聞かれます。


立地によっては、外から建物の中が見えやすくなってしまうということも考えられます。平屋を建てるときには、家づくりに失敗したと後悔しないよう、周辺環境を考慮した間取りや工夫が重要となるでしょう。


ハウスメーカーが提案する平屋建て注文住宅