玄関で失敗しない!マイホームの収納や玄関ホール、ドアなどポイントを紹介

間取り・設備 2020-03-13
C38731ce 7971 4109 a596 2d5e0f938d0c

新築マイホームの玄関は、収納や玄関ホールの広さ、ドアの種類など選択肢が多い分、こだわりたいと思う人もいるのではないでしょうか。玄関の方角によって工夫できることはあるのか、気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、玄関づくりで大切なポイントや、ハウスメーカーが手がける玄関づくりの事例をご紹介します。


マイホームの玄関にこだわろう


マイホームの玄関には、どのような理想を持っているでしょうか。家に帰ってホッとひと息つける場所にしたいと考える方もいれば、来客を迎える場所としてスッキリおしゃれにしたいと考える方もいるかもしれません。


玄関は「住まいの顔」とも言われています。マイホームの玄関づくりで失敗しないためには、どのような視点で玄関を検討するとよいのでしょうか。ここでは、こだわりの玄関を作るために知っておきたいポイントをご紹介します。


【ポイント1】玄関収納の場所と大きさをライフスタイルにあわせて考えよう


玄関収納は玄関の使い勝手を左右する大切なポイント。玄関づくりの失敗例として「子どもが大きくなるにつれて靴などが増え、玄関収納が狭いと感じるようになった」という悩みはよく聞かれます。


玄関先には、家族の人数やライフスタイルにあわせた収納をつくるよう心がけるとよいでしょう。家族のライフステージの変化を想定し、靴箱はもちろんのこと、それ以外にもある程度余裕のある収納スペースをつくっておくと安心して暮らせます。間取りに余裕がある場合は、シューズインクローゼットをつくっておくと、アウトドアグッズなど玄関先に置いておきたいアイテムも収納できて便利です。


また、収納の場所も検討ポイントのひとつです。靴箱は「玄関ホール」と靴を脱ぐ場所の「たたき」のどちらに設置するのか、靴箱以外の収納スペースを作る場合はどのようなレイアウトにするのかなどを、ハウスメーカーと相談しながら考えてみてはいかがでしょうか。


【ポイント2】玄関ホールや土間の広さが住まいの印象を変える


玄関ホールや土間の広さは、住宅の印象を左右するポイントです。例えば、家族が同じタイミングで玄関を出入りすることが多い場合や、ベビーカーを玄関に置いておきたい場合などは、ホールや土間を広めに作ると、使い勝手の良い玄関になるでしょう。家族の人数やライフスタイル、他の部屋との兼ね合いを考慮して、玄関の広さを検討できるとよいですね。


【ポイント3】玄関ドアはライフスタイルや好みにあわせて選ぼう


玄関ドアの種類は、大きく分けて「開き戸」と「引き戸」があります。開き戸は、断熱性能や断熱性能の高さが特徴で、現在もっともよく見られるタイプの玄関ドアです。一方、引き戸は開閉が簡単で、出入りが楽といったメリットがあります。和風のイメージを持っている方が多いかもしれませんが、最近では洋風の家にもあうデザインや断熱性能を損なわないタイプもあります。玄関ドアを選ぶときは、使い勝手や見た目の好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。


【ポイント4】玄関のセキュリティ対策も重要