ハウスメーカーのモデルハウスへの宿泊体験がオススメ。チェックポイントなどを紹介

選び方 2019-09-05
Be379ea5 2869 4ee2 a161 6683729a8d5a

ハウスメーカーのモデルハウスで宿泊体験ができることをご存知ですか。注文住宅の購入を考えたとき、ショールームの展示を見学するだけでなく、宿泊体験をしてみると理想の住まいがより明確になるかもしれません。今回は、宿泊体験をする方法や宿泊時のチェックポイントなどをご紹介します。


ハウスメーカーのモデルハウスで宿泊体験ができる


注文住宅の購入を考えたとき、理想の暮らしはイメージできても、具体的にどのような設備や間取りが必要なのか悩む方もいるかもしれませんね。ハウスメーカーによっては、そのような悩みの解決方法のひとつとして、住宅展示場などにあるモデルハウスでの宿泊体験を実施している場合があります。


ハウスメーカーが実施する宿泊体験に参加する方法は、インターネットを通して申し込む場合や、契約を検討している方のみ営業担当者を通して予約できる場合などがあり、無料で体験できることが多いようです。いずれにせよ予約は必須ですが、土日は抽選制である場合も多く予約が取りづらいため、余裕があれば平日の予約をオススメします。


ただし、宿泊体験を公表していないハウスメーカーもあるため、宿泊体験ができるか知りたい場合にはハウスメーカーに直接確認してみるとよいでしょう。今回は、ハウスメーカーのモデルハウスに宿泊体験するメリットや、宿泊時のチェックポイントをご紹介します。


ハウスメーカーのモデルハウスで宿泊体験するメリット


ハウスメーカーの技術を体感できる

ハウスメーカーが手がけるモデルハウスでの宿泊体験を通して、ハウスメーカー独自の技術を生かした住まいの暮らしを体感できます。快適性を考えた空間づくりや生活動線などのアイデアは、注文住宅の家づくりを考える上で参考になるのではないでしょうか。断熱性や防音性などの住宅性能も、実際に宿泊してみることで他メーカーとの違いや、技術の良さを知ることができるはずです。起きている時間だけでなく、睡眠時の心地よさを確認できるのも宿泊体験するメリットと言えますね。


マイホームに求める理想の暮らしを具体的にイメージできる

実際にモデルハウスで宿泊体験をした方の中からは、「一日中快適に過ごせて、空調コントロールのよさが実感できた」「最新設備に憧れていたが、実際に使ってみると必要ないと分かった」などの声が聞かれることもあります。住宅の設計図を見ただけではイメージしづらいことも、宿泊体験をすることで、住まいづくりに必要なこと、不必要なことがより明確になるでしょう。


ハウスメーカーが実施する宿泊体験で確かめたい3つのチェックポイント


ハウスメーカーのモデルハウスで宿泊体験をする時には、どのようなことを確かめたいのか考えておくことも大切です。ここでは、宿泊体験時にチェックするべきポイントをいくつかご紹介します。


ポイント1:断熱性や防音性などの住宅性能はどうか

断熱性や気密性、防音性などの基本的な住宅性能は宿泊時にチェックしておきたいポイントのひとつです。住宅性能の優れた家ほど、快適に過ごせるほか省エネにもつながります。具体的には、エアコンの効き具合や、各部屋の温度差、外からの騒音が聞こえないかなどを確認してみるとよいでしょう。夏の暑さや冬の寒さをどう快適にしのげるかも、チェックしたいポイントですね。


ポイント2:暮らしやすい間取りや必要な収納スペースの広さは?

宿泊体験を通して、ライフステージを見据えた暮らしやすい間取りを考えることも大切です。最適な間取りは家族構成などによってそれぞれ異なりますが、ハウスメーカーのノウハウが詰まったモデルハウスの間取り設計は、家づくりを進める上でよい参考となります。部屋の配置や広さ、収納スペースなどがチェックポイント。宿泊体験の一日を通して生活動線や家事動線、水回りの使い勝手なども確認できるとよいですね。


ポイント3:家族にとって必要な設備はなにか

住宅の最新設備を使えるのも、宿泊体験の大きな魅力です。最新設備は暮らし心地を格段に上げるものと予想されますが、実際体験できれば導入の検討がしやすいですよね。食器洗い乾燥機などの家事を楽にしてくれる最新家電や、娯楽のひとつとなりそうなホームシアターなどを楽しめるモデルハウスもあります。実際に使ってみて、マイホームに必要かどうか見極めてみてはいかがでしょうか。


宿泊体験時には住宅性能や間取り、必要な設備などをチェックし、家づくりの検討材料にできるとよいですね。ただし、浮き足立ってしまっては冷静に判断ができません。あれもこれも取り入れたい気持ちを抑えて、ポイントを確認しましょう。


また宿泊体験において、基本的な生活アイテムが揃っている場合も多いようですが、モデルハウスによって必要な持ち物は異なります。宿泊体験が決まったら、事前に持ち物やチェックポイントを見直し、早めに準備をしておくと安心ですね。


ハウスメーカーのモデルハウスで宿泊体験をし、家づくりのイメージを膨ませよう


ハウスメーカーによっては、独自の技術や暮らしやすさを体感してもらうため、モデルハウスでの宿泊体験を実施しています。宿泊体験を通して、住宅性能や間取り、必要な設備などのポイントをチェックすることで、家族が理想とする暮らしをより明確にすることができるでしょう。


家づくりに悩んだら、ショールームで住宅展示を見学するだけでなく、宿泊体験を通してハウスメーカーの技術を実際に体感してみてはいかがでしょうか。図面上だけではわからないさまざまな点が明確になり、オススメですよ。


関連記事:大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!検討初期に知りたい基本情報まとめ

この記事を読んだあなたにおすすめ

F55e4651 9be1 4caf 960f fead880bc8cf

木造住宅のメリットとデメリットは?木造一戸建ての気になる寿命と防音性や耐震性

木造住宅の構造やメリット・デメリット、鉄骨や鉄筋コンクリート構造と比べて寿命や防音性、耐震性にどのような違いがあるのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回は木造住宅の工法や特徴をわかりやす...

選び方2021-12-17

1df4adde 31f1 4b7a a569 a793d63a3270

三世代同居のメリット・デメリット。二世帯住宅を建てるときのポイントも紹介

三世代同居とは、祖父母、夫婦、子どもの三世代が同じ家で一緒に暮らすことを言います。夫婦と子どもだけの核家族世帯と比べ、三世代同居にはどのようなメリットやデメリットがあるか気になる方もいるのではな...

選び方2020-01-26

C81fbe54 ee98 49db 813d 6903d3e446ed

旗竿地の評価は低い?評価方法や売却しやすい旗竿地の選び方を解説

旗竿地の評価額を、売却時や相続税などの税額を計算するときに知りたいと考える方もいるでしょう。国税庁などの資料を参考に自分で評価額を計算することも可能ですが、旗竿地が私道を含む場合や、間口が狭い場...

選び方2021-05-14