庭付き一戸建てを建てよう。庭の活用方法やつくり方実例を紹介

間取り・設備 2021-01-28
34bfd2b5 b2b9 485d 91b5 0586f0085f17


庭付き一戸建てを検討する中で、「狭い庭でもガーデニングはできる?」「庭の活用方法は?」と気になったり、「芝生と土、庭に敷くならどちらが良い?」と悩んだりしている方もいるかもしれません。今回は、庭付き一戸建て住宅のメリット・デメリットや、おしゃれな庭づくりのポイントなどをご紹介します。


庭付き一戸建てのメリット


注文住宅や分譲住宅など新築戸建てを検討する中で、「庭はいる?いらない?」と悩んでいる方もいるかもしれません。まずは、庭付きの一戸建てにどのような魅力があるか、庭の活用事例をもとにメリットをご紹介します。


<メリット1>ガーデニングを楽しめる

自宅でガーデニングを楽しめることが、庭付き一戸建ての魅力の一つです。好みのガーデニング雑貨を使っておしゃれな庭をつくったり、壁面やプランターを使って植栽を楽しんだりするのもよいですね。


狭い庭でも、デザインの工夫次第でおしゃれなガーデニングスペースにすることが可能です。土地が狭く、どうしても敷地内に庭をつくれない場合は、屋上を庭とするアイデアもありますよ。


<メリット2>家庭菜園ができる

庭の中に、家庭菜園のスペースをつくるのも人気のあるプランニングの一つです。小さなお子さんがいる家庭では、「食育の一環として家庭菜園を楽しんでいる」という声も聞かれます。家庭菜園のスペースは、レンガや石で囲いをつくり、土を入れるだけなので、DIYにチャレンジするのもよいでしょう。


<メリット3>安全な子供の遊び場として活用できる

一戸建ての庭を子供の遊び場として活用することもできます。例えば車の通る路上で子供を遊ばせる場合には安全面で心配がありますが、リビングやキッチンから見える庭に遊びのスペースを配置すれば、親の目が届きやすく、安心して見守ることができるでしょう。


リビングの掃き出し窓からウッドデッキを直接つなげて設置することも、人気のあるアイデアの一つ。スムーズに出入りできるため、気軽に外遊びが楽しめますよ。


<メリット4>日当たりや風通しが良くなる

一戸建ての敷地内に庭をつくることで、隣接する建物との間に一定の空間が生まれるため、建物の日当たりや風通しが良くなります。庭の種類は、リビングやダイニングに面した主庭のほかに、中庭や坪庭というつくり方もあります。設計時に採光や風通しを考えて、庭の配置を検討するのがおすすめです。


庭付き一戸建てのデメリット


一戸建ての庭には、メリットだけでなくデメリットもあります。ここでは、庭付き一戸建てのデメリットをいくつかご紹介します。


雑草対策などこまめな手入れが必要

草木のある庭を持つ場合には、こまめなメンテナンスが欠かせません。夏は雑草、秋は落ち葉など、手入れのための手間やコストがかかることを覚えておきましょう。最近では、雑草防止シートなどメンテナンスが楽になる対策もいろいろあるので、活用してみてはいかがでしょう。


蚊やハエなどの虫対策をしよう

庭によっては蚊やハエのほか、害虫などが集まりやすい環境になってしまうことも考えられます。日頃から落ち葉などをこまめに掃除するほか、風通しを良くするなどの虫対策をするとよいでしょう。蚊などは水のあるところに卵を産みつけるため、水たまりになるような場所を減らすことも有効です。


目隠しをしないと人の視線が気になるケースも

庭の配置の仕方によっては、隣の家から庭が周りから丸見えになってしまうことがあります。人の視線が気になる場合には、境界線に目隠しフェンスなどを設置するといった工夫をするとよいでしょう。


また、庭付き戸建てに住んでいる方の中からは「庭に猫が侵入してくるため、糞だらけになって困っている」といった声も聞かれることがありますが、フェンスがあれば、猫の侵入なども防ぎやすくなります。一戸建て設計時には、あらかじめ周りの環境も十分確認しておくとよいですね。


庭づくりのための土地が必要

まとまった面積の庭をつくるには、ある程度の土地の広さが必要となります。庭をつくったために、「居住空間が狭くなってしまった」「カースペースが狭くて車を止めにくい」といった後悔が生まれてしまっては本末転倒です。一戸建てに求める条件を整理して、予算にあった土地の使い方を考えたいですね。


【芝・砂利・コンクリート】庭のつくり方と特徴