太陽光発電のメリット・デメリット。売電やマイホームへの設置費用

間取り・設備 2020-01-10
5ecca8a4 3d83 42d2 ab41 fa7136867fb3

マイホームに太陽光発電を設置するメリット・デメリットが気になる方もいるのではないでしょうか。売電のことや、蓄電池との組み合わせによって得られるメリットを知りたいと思う方もいるかもしれません。今回の記事では、太陽光発電の仕組みや特徴、ハウスメーカーが提供する太陽光発電のある住まいについてご紹介します。


太陽光発電について気になること


近年では屋根にソーラーパネルを設置し、太陽光発電を導入している一戸建て住宅をよく見かけるようになりました。「太陽光発電」とは、太陽光パネルに光を集めて電気に変える方法で、一般的な住宅でも取り入れやすい発電方法として注目されています。


太陽光発電は、昔からある火力発電などとは違い、発電時に二酸化炭素を排出しないことが大きな特徴で、石油・石炭などの化石燃料に依存しないエネルギー源です。


しかし、実際にマイホームを建てることになった場合、太陽光発電を設置するか悩む方もいるのではないでしょうか。太陽光発電について気になることを、住宅購入を検討している方に聞いてみました。


「太陽光発電を設置すると、毎月の光熱費はどの程度お得になるのでしょうか」(30代男性)
「太陽光発電で作った電気は売電できると聞いたことがありますが、実際に利益はでるのでしょうか」(30代女性)
「太陽光発電を設置するための費用を知りたいです」(20代女性)


太陽光発電について、設置する費用や光熱費の負担、売電による利益などが気になるという声がありました。今回は、そのような疑問に応える太陽光発電のメリット・デメリットをご紹介します。是非家づくりの参考にしてみてください。


マイホームに太陽光発電を導入する3つのメリット



メリット(1)光熱費の負担が減る

太陽光発電から得た電気は、もちろん家庭内で使うことができます。家庭内の電力をすべて太陽光発電の電力でまかなうことができれば、別途光熱費がかかることはありません。すべての電力をまかなうことが難しくても、蓄電池を組み合わせれば、電気代の高い昼間は蓄電池にためておいた電気を利用し、夜間のみ電力会社の電気を利用する、といった使い方も可能です。


近年は、電力会社が続々と電気料金を値上げをしていることもあり、光熱費の負担を減らせることは、嬉しいポイントではないでしょうか。


メリット(2)売電を続けると利益が出せる

太陽光発電の電力を自家消費をした上で余剰電力がある場合には、蓄電池に貯めておいた電力を電力会社に売ることが可能です。売電に関しては、FIT制度(固定価格買取制度)という国の制度があり、太陽光発電の稼働から10年間は固定価格で電力会社に売電することができます。そのため、太陽光発電システムを導入してしばらくは、一定の収益を見込むことができるでしょう。


FIT制度の満了を迎えたら、売電に関する国の保証はなくなりますが、小売電気事業者と個別契約をして引き続き売電することも可能です。これから太陽光発電を導入しようと考えている方は、長い目でみた太陽光発電の活用プランを考えておくと安心かもしれません。


メリット(3)停電が起きても電力をまかなえる

太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせれば、日頃から蓄電池に電力を貯めておくことが可能です。例えば、地震などの災害が起きて停電した場合でも、蓄電池に貯めていた電力を使って、テレビや冷蔵庫など生活に必要な家電製品を動かすことが可能です。突然の停電は不安なものですが、電力を貯めておくと、毎日をより安心して過ごせるのではないでしょうか。


マイホームに太陽光発電を導入する3つのデメリット


デメリット(1)コストがかかる

太陽光発電システムの設置費用は年々低価格化してきているようですが、それでも初期費用として平均150万円前後かかるようです。また、メンテナンスはほとんど必要ありませんが、配線の被覆が破れてしまったり、周辺機器が故障してしまったりすることもあるかもしれません。多くの場合、メーカーによる長期保証がついていますが、契約前に保証期間や補償範囲を確認しておくと安心です。


デメリット(2)売電価格が下がっている

太陽光発電の余剰電力は売電することができますが、売電価格は右肩下がりになっているようです。近年では、売電目的ではなく自家消費用として、それに見合った設備の太陽光発電を導入する方も増えています。どのような目的で太陽光発電システムを設置するのか、家族で十分検討してみてはいかがでしょうか。


デメリット(3)発電量は天候に左右されやすい

太陽光発電の場合、日照時間によって発電量が左右されます。例えば、太陽が出ていない夕方や夜間のほか、曇りの日や雨の日は発電量が低下するでしょう。また、落ち葉などで影が出来てしまっても影響がでるため、こまめな点検が大切です。太陽光発電は安定した電力の供給が見込めないことを理解しておきましょう。


ハウスメーカーの住まいに導入できる太陽光発電システム


ハウスメーカー各社でも、太陽光発電システムを導入した住まいの提案があります。ここでは、どのようなプランがあるのかその一部をご紹介します。


365日しっかり発電する安心の太陽光発電システム

太陽光発電システムに関して40年以上の研究実績があるハウスメーカーでは、曇りの日でも効率よく発電できる太陽光発電を導入できます。天気の悪い日が続いても安心して発電を任せられるのは嬉しいですよね。


エネルギーコストゼロを目指す太陽光発電システム

エネファームやHEMSを組み合わせて、日々のエネルギーコストをゼロとする取り組みが魅力のハウスメーカーもあります。高気密高断熱の住まいで省エネを目指せば、環境にもやさしいマイホームになるのではないでしょうか。


太陽光発電のメリット・デメリットを理解して検討を


今回の記事では、太陽光発電のメリットやデメリットなどをご紹介しました。住宅に太陽光発電を導入することで、光熱費を大幅に削減できたり、余剰電力を蓄電池に貯めて売電できたりするメリットがあります。一方で、初期費用がかかったり、売電価格の低下といったデメリットもあることも理解しておきましょう。太陽光発電の導入を検討するときには、長期的なプランを考えておくと安心かもしれません。


ハウスメーカーでもそれぞれ魅力あるプランがあるので、気になる場合には営業担当者に相談してみると良いアドバイスをもらえるはずです。目的に合わせて太陽光発電が上手に活用できるマイホームを建てられるとよいですね。

この記事を読んだあなたにおすすめ

Fe18efe9 74fb 49c0 b329 e9b652b420ad

コンクリート打ちっぱなしの家、メリット・デメリットは?外壁メンテナンスやインテリアを紹介

コンクリート打ちっぱなしの家について、メリット・デメリットや外壁メンテナンスが大変ではないか、気になる方もいるでしょう。インテリアのコツや住み心地を良くするためのポイントを知りたい方もいるかもし...

間取り・設備2021-08-26

22c02ee4 88ee 483e 9644 af05cef6c869

DKとLDKの違いは?定義や表記の基準を知って家づくり

家づくりの間取りを考えたとき「DKとLDKの定義や意味の違いは?」「どちらを選んだらよい?」と疑問を持つ方もいるでしょう。今回はDKとLDKについて、表記の基準やそれぞれのメリットをご紹介します...

間取り・設備2021-09-16

A1c0db8b 95bb 4004 8411 1de9c568d641

4人家族が快適に暮らせる一戸建ての広さや間取りは?

せっかく一戸建てを新築するのだから、4人家族がのびのびと暮らせる広さがほしいと思いませんか?では4人家族が生活するのに必要な広さや間取りは、どのくらいあればいいのでしょうか。ここでは家族(両親と...

間取り・設備2019-06-11

ご希望のエリアをお選びください