一戸建てに自転車置き場を設けよう。サイクルポートの設置やその他のアイデア

間取り・設備 2019-07-04
F0e43f21 5c46 4f15 951d 9a1ddeb63523

一戸建てに自転車置き場は必要なのか気になる、自転車置き場にはどのようなアイデアがあるのか知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。今回は自転車置き場の必要性や自転車置き場のアイデア、自転車を長持ちさせるためのサイクルポートについてご紹介します。


一戸建てに自転車置き場は必要!その理由とは?


一戸建てを新築するときは自転車置き場を確保しましょう。幼い子供がいる家庭では、車だけでなく自転車で移動することもあるのではないでしょうか。幼稚園の送り迎えに使ったり、子どもが小学生になると自分の自転車で出かけたりすることもあるかもしれません。


子どもの人数が多い家庭では自転車の置き場所に困り、家の脇や玄関の前、道路に仕方なく置いている様子も見られます。駐車スペースの脇に置いてみても、実際には出し入れなど不便に感じることもあるかもしれません。自転車が無造作に置かれていると、見た目が悪いだけでなく盗難の恐れや近所にも迷惑をかける可能性も。


自転車置き場を設ける際には、自転車を何台置くのか、外壁や車、植木にぶつかる心配はないか、出し入れがしにくくないかといった周囲の障害物を確認することも大切です。


一戸建てに設ける自転車置き場のアイデア


一戸建てに自転車置き場を設けたい場合、どのようなアイデアが考えられるでしょうか。例えば、家の屋根の庇(ひさし)やバルコニーの下などが空いていれば、そこを自転車置き場として活用することができます。玄関が広い場合は、玄関のたたきを自転車置き場とすれば、風雨から自転車を守ってくれるでしょう。ほかにも、隣家との間にテラス屋根を設置して、自転車置き場として活用している例もあるようです。


これから新築一戸建てを建てる方の中には、自転車の所有台数が多く、きちんとした自転車置き場を作っておきたいと考える方や、自転車を出し入れしやすいように道路から近い場所に自転車置き場を作っておきたいと考える方もいるのではないでしょうか。そういった方におすすめなのが、サイクルポートを設置するという方法です。ここからはサイクルポートについて詳しく見てみましょう。


一戸建ての駐輪スペース「サイクルポート」とは


サイクルポートとは、一戸建てに設置する駐輪スペースのことで、マンションなどの集合住宅で住民が共有して使用する自転車置き場とは区別されています。一戸建ての自動車置き場のことをカーポートと呼びますが、そのコンパクト版と言うと分かりやすいでしょうか。


サイクルポートには、テントや倉庫のようなものから、固定式、折りたたみ式、雨よけ用の屋根だけなどさまざまな種類があります。


屋根のあるのサイクルポートなら、雨風や紫外線のほか、鳥のフンなどの飛来物からも大切な自転車を守ることができます。特に紫外線は自転車パーツの劣化を早めてしまうため、大事な自転車を長持ちさせたいと考える方は、屋根のあるサイクルポートがおすすめです。


一戸建てに設置するサイクルポートの種類