新築一戸建ての防犯対策。分譲地ならではの防犯性とは

選び方 2019-02-28
25b65075 0b43 408c a1f1 179094f80e82


新築一戸建てを建てる場合、泥棒などの空き巣被害にあわないための防犯対策が気になる方もいるのではないでしょうか。建物自体の防犯対策も大切ですが、住む街が安全だとより安心して暮らせます。今回は、分譲地ならではの防犯性の高さや魅力についてご紹介します。


新築一戸建ての防犯対策


毎日、泥棒による空き巣被害が数多く出ているのをご存知ですか。家づくりは、内装や間取りなどに目が行きがちですが、泥棒に狙われにくい家にするための「防犯対策」もしっかり考えましょう。

一戸建ての建築を目的として開発された分譲地は、さまざまな面から住みやすさに配慮した街が設計されており、街全体のセキュリティの高さも魅力の一つ。今回は、泥棒に狙われやすい家の特徴や分譲地ならではの防犯性についてご紹介します。


泥棒に狙われやすい家とは


住宅の中でも「人目の少ない立地」や「防犯対策が不十分」の家は、泥棒に狙われやすいと言われています。防犯対策をあまりしていない一戸建てだと泥棒に判断されれば、空き巣被害に遭う可能性が高まってしまうでしょう。


分譲地の魅力


ハウスメーカーなどが手がける分譲地は、家が横並びに建てられているだけではありません。毎日の暮らしで感じられる街並みの美しさや利便性はもちろんのこと、防犯対策にも力を入れ、長く快適に暮らせる住まいを作り上げているのです。具体的に、分譲地ならではの防犯性の高さとはどのようなものなのでしょうか。


空き巣被害を防ぐ分譲地の防犯性


セキュリティを高める取り組み

分譲地のなかには、街全体で警備会社と契約したり、出入口にゲートを設けるなど、建物だけではなくタウンセキュリティを高めているところがあります。夜間の通勤、通学帰りの安全性を確保するため、街灯のほかに防犯カメラを設置するなどの配慮がある分譲地もあり、暮らしの安心につながります。


分譲地の道路形状

分譲地内の道路は、「コの字型」「T字型」など交通の主要な通り道になりにくく、分譲地以外の人が入ることを防いでくれます。


◯住人たちのコミュニティ

分譲地は同じ時期の入居者が多く、住人同士の交流が生まれやすい環境を持ち合わせています。不審者がいると目立つなど、住人たちのコミュニティ強化が犯罪抑止につながるでしょう。


分譲住宅は防犯レベルの高い建物が集まるという特徴も持ち合わせていますが、それに加え、街全体のセキュリティを高める仕組みが泥棒などの空き巣被害を防いでくれます。


防犯性の高さは分譲地の魅力のひとつ