中庭のある平屋の間取り。おしゃれな中庭づくりのコツや後悔しないためのポイントを紹介

間取り・設備 2021-08-20
Db58c007 c9fb 43ee bb24 f5032fbd6dbf

「中庭付き平屋住宅の間取りを知りたい」「おしゃれな中庭作りのコツは?」と気になっている人もいるのではないでしょうか。後悔しない中庭づくりをするには、どのようなポイントを意識するとよいのでしょう。今回は、新築平屋に中庭を作る際のメリット・デメリットや、中庭作りのコツ、間取り事例などをご紹介します。


平屋に中庭を作るメリット


《メリット1》室内に採光を取り入れられる

平屋の家に中庭を作ることで、居室に採光を取り入れることが可能です。平屋は、ワンフロアにすべての居室を設けるのが特徴ですが、間取りによっては部屋の採光を確保しにくい場合もあります。しかし、中庭に面する部屋を作れば外の明るい陽射しを取り込むことができるため、照明に頼らない暮らしも実現できるでしょう。


《メリット2》プライベートな庭空間を楽しめる

プライベートな庭空間を楽しめるのも、中庭のある家の魅力です。外庭の場合、玄関先などで周りの視線が気になることがあるかもしれません。中庭なら、子供やペットの安全な遊び場や趣味の場として活用することもできます。


《メリット3》おしゃれな空間を演出できる

中庭があることで、家の印象も変わります。シンボルツリーを植えるなど植栽にこだわるほか、外観デザインに合わせておしゃれな空間づくりをするのもよいですね。最近では、建築家などが設計したおしゃれなデザイン住宅も人気があります。


平屋の家で中庭を作るデメリット


《デメリット1》外壁が多い分、建物の本体価格が高くなる

中庭付き平屋の注文住宅を建てる場合、建物の建築費用である本体価格が高くなります。なぜなら、建築費用は外壁が多くなるほど高くなるためです。中庭を作ると、中庭のない家に比べて家の形状が複雑になるため、その分外壁が増え、コストがかかってしまいます。


《デメリット2》日頃の手入れやメンテナンスが必要

中庭をつくる場合、日頃の手入れやメンテナンスが必要となります。中庭を美しく保つには、窓枠やサッシなどの拭き掃除や落ち葉拾い、場合によっては虫への対処が必要となることもあるでしょう。


10~15年単位で必要となる外壁塗装などのメンテナンスは、外壁が多くなる分、費用がかかります。


中庭のある平屋住宅の形は3パターン