ベタ基礎・布基礎とは?見た目やメリット・デメリットの違いを紹介

基礎知識 2022-06-14
38ec44d8 289b 47bb 9f22 86c690153420

ベタ基礎や布(ぬの)基礎とは何か、見た目の違いやそれぞれのメリット・デメリットを知りたいという方もいるでしょう。「基礎工事」は家づくりにおいて重要な工程であり、その特徴を理解しておくことは大切です。今回は、ベタ基礎と布基礎の見分け方や基礎工事の流れ、比較する際のポイントなどをわかりやすく解説します。


家づくりにおける「基礎」の重要性


建物の下にあるコンクリート部分のことを「基礎」と言います。基礎は、住宅のなかで目立たない部分ですが、家を支える重要な役割を担っています。


「基礎」は地面と建物をつなぐ重要な部分

基礎とは、地盤(地面)と建物をつなぐコンクリート部分のこと。住宅を建てる際は、まず「基礎」と呼ばれる土台をつくり、その上に建物を建てます。


基礎には、建物の「荷重」や、地震や風など「外から加えられる力」をバランスよく地盤に伝える役割があります。建物の一部分が沈み傾いてしまう不同沈下(ふどうちんか)を防ぐなど、基礎は家づくりにおいて必要不可欠な部分と言えるでしょう。


基礎にはさまざまな種類がありますが、日本の住宅で多く採用されるのが「ベタ基礎」と「布(ぬの)基礎」です。今回は、この2種類に注目して、その違いをご紹介します。


「ベタ基礎」と「布基礎」。見た目の違いは?

ベタ基礎と布基礎の見た目には、次のような違いがあります。


  • ベタ基礎:床下全面をコンクリート基礎でおおっている
  • 布基礎:柱や壁の下など、必要な部分のみに基礎を施工している


ベタ基礎とは、基礎の立ち上がりだけでなく、床一面がコンクリートになっている基礎のこと。一方で、布基礎は、コンクリートが連続して設けられた基礎のことを指します。


ベタ基礎と布基礎にはどのような違いがあるのでしょうか。ここからは、それぞれの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。


ベタ基礎とは?特徴やメリット・デメリット


ベタ基礎とは、床下全体にコンクリートを打つ基礎工法

ベタ基礎は、阪神淡路大震災以降から普及しはじめ、現在日本でもっとも多く用いられている工法です。建物を面で支えられるため、荷重が基礎全体に分散され、地盤が比較的弱い場所や、重量のある家を建てる場合に適しています。


ベタ基礎のメリット

<メリット1>耐震性に優れている

ベタ基礎は先述した通り、建物を面で支える構造のため、耐震性に優れています。地震の力を、効率良く地盤に伝えることができるのです。地震によって建物が傾くのを防ぐためにも有効とされています。


<メリット2>湿気・シロアリに強い

ベタ基礎は建物と地面が接さないため、湿気が建物に伝わりにくく、木材の腐食を防ぎます。コンクリートが厚いため、シロアリ被害も起きにくいでしょう。


ベタ基礎のデメリット

<デメリット1>コストがかかる

ベタ基礎は、布基礎に比べて多くの「鉄筋」と「コンクリート」を使用するため、その分コストが高くなります。


さらに、基礎をつくるために掘り起こした「残土」を処理する費用も必要です。残土の量も布基礎に比べて多いため、輸送や処理費用、人件費なども多くかかってしまいます。


<デメリット2>地中凍結のリスクがある寒冷地では不向き

北海道などの寒冷地でベタ基礎を採用する場合、温暖な地域よりも「深い根入れ」が必要となり、費用が高額となります。寒冷地でベタ基礎は不向きだと言われるのは、このためです。


深い根入れが必要な理由は、基礎の下で地面が凍ると、基礎が持ち上げられ住宅の損傷につながるリスクがあるから。建築基準法において、建物の基礎は「凍っている地点(凍結深度)よりも深いところに作らなければいけない」と定められていることを知っておきましょう。


布基礎とは?特徴やメリット・デメリット

次に、布基礎について見ていきましょう。


布基礎とは、壁に沿ってコンクリートを打つ基礎工法

布基礎は、昭和初期から採用され始めた歴史のある基礎工法です。鉄筋コンクリート入りの基礎を、柱や壁などの下に打ち込み、施工します。面で建物を支えるベタ基礎に対し、布基礎は点と線で支える構造だと言えるでしょう。


布基礎のメリット

<メリット1>コストを抑えらえる

布基礎は、柱や壁部分のみに基礎をつくるため、ベタ基礎に比べて使用する鉄筋やコンクリート量が少なく、その分コストを抑えられます。残土の輸送費・人件費なども比較的安くなるのもメリットです。


<メリット2>部分的に強度を高められる

一般的に、深く根入れを行った場所ほど、揺れに対する抵抗力が上がります。布基礎は、ベタ基礎の倍以上も地中深くから基礎立ち上がりをつくります。


そのため、部分的な強度が非常に高くなるでしょう。鉄骨部分に荷重が集中しやすい鉄骨造の住宅や、地面が凍結しやすい寒冷地の住宅には、布基礎が適しています。


布基礎のデメリット

<デメリット1>耐震性がやや劣る

布基礎は点と線で支える構造のため、地盤の強さに、基礎の安定性が左右されます。地盤が弱いと、基礎の一部が沈み建物が傾いたり、ゆがんだりする可能性があるので注意が必要です。


<デメリット2>風通しが悪いため、シロアリ対策が必要

布基礎の床下部分は、地面がむき出しになっている場所もあります。地面の湿気が建物へ伝わり、木材が腐食したり、シロアリ被害にあったりするリスクが考えられるでしょう。


湿気やシロアリの対策として、「防湿・防蟻シートを敷く」「通気口を設ける」といった方法などが考えられます。ハウスメーカーとよく相談して、納得のいく対策を行いたいですね。


ベタ基礎と布基礎の工程や工期はほぼ同じ


ベタ基礎と布基礎にはそれぞれ異なる特徴がありますが、基礎をつくる工程や工期はほぼ同じです。一般的には、次のような流れで進められます。


<1>地盤調査を行う

家を建てる土地の地面を調査し、必要に応じて地盤改良を行います。


<2>地縄張り・遣り方工事を行う

建物を建てる位置がわかるように、敷地に縄やビニール紐などを張りますが、この作業を地縄張りと言います。


次に、図面に記載されている建物の位置や基礎の高さなどの情報を、実際の敷地に写すための「遣り方」工事が行われます。遣り方とは、必要な場所に杭などを打って作る仮設物のこと。建築物の高さ・水平・位置の基準を出すために重要な工程です。


<3>掘削工事を行う

基礎を作るために、重機や手作業で地盤を掘り起こします。この作業は「根切り」とも呼ばれます。ベタ基礎の場合は範囲内の全ての土を、布基礎の場合は、立ち上がり部分の土を掘削します。


<4>砕石(さいせき)を敷く

掘削した部分に砕石を敷いて、機械を使い、地盤を締め固めます。


<5>捨てコンクリートを流す

地盤を固めたあと、このあとの作業がしやすくなるようにコンクリートを流すことがあり、このときのコンクリートを「捨てコンクリート」と呼びます。


捨てコンクリートを流す作業は、建物の強度に直接関わりませんが、工事をスムーズに進めるために重要な工程です。


<6>配筋

次に建物の位置に鉄筋を組みますが、これを「配筋」と言います。配筋は、基礎の強度に大きな影響を与える重要な工程です。建築基準法などでも、さまざまなルールが決められています。


<7>型枠を組んで、コンクリートを流す

鉄筋を組み立てたあとは、基礎の外周に枠組を組みコンクリートを流しこみます。


<8>型枠を外して、完成

一定の日数を置き、コンクリートが固まったら型枠を外します。


型枠を外したら、コンクリートに何らかの不良が発生していないか、ひび割れや仕上がりの状態を確認します。最後に、不要なコンクリートを取り除くなど仕上げをして、基礎の完成です。


ベタ基礎と布基礎のどちらがよい?比較のポイント


ベタ基礎と布基礎の特徴をお伝えしましたが、マイホームを建てる場合にどちらの基礎が適しているのか迷うこともあるでしょう。マイホームに適した基礎は、地域の気候やそのほかの条件により変わってきます。


コスト|見積もりを比較して検討

一般的には、布基礎の方がコストを安く抑えられると述べました。しかし、近年ベタ基礎も普及が進み、施工会社が慣れてきたことで施工費用が下がってきています。


基礎工事の目安単価は、エリアや設計内容によって変わります。気になる場合は、ハウスメーカーに具体的な相場観を確認してみるとよいでしょう。


耐震性|基礎だけでなく住まい全体の耐震性を考えよう

住まいの耐震性は住宅全体で考えることが大切です。基礎だけでみると、ベタ基礎のほうが耐震性は優れていますが、建物自体の構造を強化するなど、耐震性を高めるための工夫はいろいろあります。耐震性については、基礎だけでなく、建物や地盤にも注目することが重要ではないでしょうか。


湿気・シロアリ|どちらも定期的な点検が必要

ベタ基礎は湿気やシロアリ被害のリスクが少ないと述べましたが、定期的な点検は必要です。ベタ基礎であっても、10年に1回以上は点検口から確認したほうが安心でしょう。布基礎の場合は、2〜3年に1回の確認がオススメです。


ハウスメーカー選びは基礎にも注目を!