ハウスメーカー営業マンへの断り方。連絡手段や伝えるときのポイント

基礎知識 2019-04-23
0a591fde f5e5 4c14 9c3b 08d99c6f5045

ハウスメーカーの営業マンに断らなければならない場面に遭遇したとき、「断り方」に悩む人もいるかもしれません。今回の記事では、電話やメールなど営業マンの提案などをお断りする方法や断り方のポイントをご紹介します。


ハウスメーカー営業マンに対する断り方の悩み


ハウスメーカーの営業マンに対して「断る」ことが必要になる場面もあるでしょう。実際に営業マンに断ったことがある方に、そのときの状況と断るときに悩んだことを聞いてみました。


「ハウスメーカーと契約する前は、複数の会社に相談をしていました。契約する会社を決めたあと他のハウスメーカーをお断りしなければならず、伝えるタイミングなど断り方に悩みました」(30代男性)


「ハウスメーカーの営業マンからの提案が、こちらの希望とは異なっている場合に断りづらさを感じたことがあります。どのように伝え相手に理解してもらえるか気になりました」(20代女性)


ハウスメーカーで家づくりをすると決めたら、見積もりから住まいの完成までハウスメーカーの営業マンと関わりあいながら進めていくことになります。


相手に対しお断りをする場合には「嫌な気持ちにさせそうで、きっぱり言いづらい」「断ることで相手との関係が悪くなったらどうしよう」などと考えてしまう方もいるかもしれませんね。断るときはどのようなことに気を付けて意志を伝えればよいのでしょうか。営業マンへの断り方のポイントを解説します。


ハウスメーカーの営業マンに対する断り方


ハウスメーカーの営業マンに対する断り方は、直接会ってお断りをするほか、電話やメールなどの手段があります。


【断り方1】電話をする

「依頼先を他社に決め、見積もりをとっていたハウスメーカーに電話でお断りをしたことがあります。とても親しみやすい営業マンの方だったので『今までありがとうございました』と真摯な対応に対する感謝の気持ちを伝えました」(20代男性)


電話の場合は相手に間違いなく伝えることができるでしょう。また、断ることに対しての考え方や気持ちなども声を通して伝わりやすいのではないでしょうか。



【断り方2】メールを送る

契約後に設計や間取りを考えていく中で、私たちの希望にあわない提案をされることもありました。そのようなときは、提案に対する断りと、その代わりとなる自分たちの希望をメールで簡潔に伝えるようにしていました」(30代女性)


メールだと内容が文面に残るので、伝えたい内容がたくさんある場合には便利です。また、ハウスメーカーの営業マンには、メールでお断りを伝える方もいるようです。直接伝えづらい方や時間がない方は、伝えやすい手段となるでしょう。お断りのメールの内容が気になる方は、インターネットで調べてみると参考になる例文が出てくるかもしれません。


ハウスメーカーの営業マンに対する断り方のポイント


ハウスメーカーの営業マンに断らなければならないことがあるとき、意識するとよいポイントはあるのでしょうか。


お断りはできるだけ早めに伝える

なにか断ることがある場合には、できるだけ早く営業マンに連絡を入れるとよいでしょう。お断りの連絡を先延ばしにしていると、そのあいだにもハウスメーカーで資料や提案作成などが進められているかもしれません。次回の打ち合わせで、より話を進めやすくするためにも、早めに断りの意思を伝えた方がお互いにとってプラスになるのではないでしょうか。


断る理由を曖昧にせず正直に伝える

きっぱり断りづらいという理由で、あいまいな断り方をしてしまっては、営業マンにまだ脈があると思われてしまいます。その結果、売り込みが続き、余計に断りにくくなってしまうことも。双方にとって無駄な時間となってしまうことがないよう、「価格で決断しました」「他社に決めました」などと断る理由を明確に伝えることが大切です。


家づくりを進める中で営業マンの提案を断るとき


家づくりをする過程で、営業マンの提案が理想と異なる場合もあるかもしれません。そのような場合には、断ると同時に、具体的な希望をはっきり伝えるようにしましょう。そうすることで、希望に沿った住まいの打ち合わせにつながるでしょう。


また大手ハウスメーカーの営業マンであれば、豊富な知識を活かしてそれぞれの顧客がより満足できるような住まいづくりを進めてくれるばずです。営業マンとよいお付き合いができるとよいですよね。


営業マンへの断り方にはコツがある


ハウスメーカーの営業マンに対する断り方に悩む方もいるようです。お断りを入れる手段は電話やメールなどがありますが、ご自身の伝えやすい手段を考えてみてはいかがでしょうか。伝え方に悩む場合は、インターネットで例文を調べるなど、事前に話の内容を考えておくとよいかもしれません。


断ることが決まったら、できるだけ早めに明確な理由を伝えるほうが、お互いにとって良い結果につながるはずです。具体的に住宅の希望を伝えて、理想の住まいを建てられるとよいですね。

関連記事:ハウスメーカー営業マンとの連絡の取り方・断り方

関連記事:大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!検討初期に知りたい基本情報まとめ

この記事を読んだあなたにおすすめ

5659e381 e967 43eb 9047 344bdbb3b3de

大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!検討初期に知りたい基本情報まとめ

大手ハウスメーカーの注文住宅や建売住宅には、ハウスメーカーごとの特徴があります。違いを一覧で比較して自分にピッタリのハウスメーカーを選ぶことが、家づくり成功の第一歩となるでしょう。今回は、特にチ...

基礎知識2020-04-28

Fb70367f 2bd3 4938 8d9a cead9efff74e

建ぺい率とは?計算方法や容積率との違いをわかりやすく解説!

建ぺい率(建蔽率)とは「敷地面積に対する建築面積の割合」のこと。「わかりやすく説明してほしい」「計算方法(求め方)や容積率との違いを知りたい」という人もいるのではないでしょうか。今回は建ぺい率の...

基礎知識2021-04-14

7bd76c44 90b1 407e ae20 1670ef334bed

一戸建て住宅の寿命はどのくらい?木造と鉄骨の寿命の違いやリフォームに必要な修繕費

一戸建て住宅の寿命をご存知ですか?一戸建て住宅を新築する際、理想のマイホームに何年住むことができるのか知りたいと思う人もいるのではないでしょうか。注文住宅と建売住宅で寿命が違うのかや、リフォーム...

基礎知識2020-03-30

ご希望のエリアをお選びください