【鉄骨と木造】ハウスメーカーで建てるならどちら?比較やメリット・デメリット

選び方 2021-10-20
2879ab8d c7dc 445e a4f0 786d317eb35f

鉄骨住宅と木造住宅のどちらを選ぶとよいのか、ハウスメーカー検討時に違いを知って比較したいと考える方もいるかもしれません。今回の記事では、鉄骨住宅と木造住宅について、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてみてください。


鉄骨住宅と木造住宅の特徴


ハウスメーカーでの注文住宅購入を検討するとき、鉄骨住宅と木造住宅の違いを知りたいという人も多いのではないでしょうか。まずは、鉄骨住宅と木造住宅の特徴をご紹介します。


鉄骨住宅とは、鉄を使って建てられた住宅のこと

鉄骨住宅とは、住宅の主要な部分に「鉄骨」を使っている住宅のことです。使用する鉄骨は「軽量鉄骨」と「重量鉄骨」の2種類に分けられます。

ハウスメーカーの一戸建て住宅で多く採用されているのは「軽量鉄骨」で、厚さ6ミリ未満の鋼板からなる部材が使用されています。

重量鉄骨はマンションや大型デパートの建設に採用されることが多く、鋼板の厚さが6ミリ以上のものを指します。


木造住宅とは、木を使って建てられた住宅のこと

木造住宅とは、住宅の主要な部分に「木」を使っている住宅のことです。「木造軸組(在来)工法」や「2×4(木造枠組壁)工法」「パネル工法」などがあり、ハウスメーカーによって採用する工法は異なります。

木造は、日本で古くから数多くの建物に用いられており、鉄骨よりも馴染みのある方も多いでしょう。


鉄骨住宅のメリット


<メリット1>物件ごとの品質にバラつきが少ない

軽量鉄骨を採用しているハウスメーカーでは、あらかじめ工場で一定の組み立てをする方法を用いている場合が多いでしょう。そのため、品質のバラつきが少ないと言われています。


<メリット2>大空間の間取りをとりやすい

鉄骨住宅の場合、強度の高い鉄を使用するため、柱と柱の距離を大きくとることができます。

同じ延べ床面積であっても、開放的に感じられる間取りが実現できるでしょう。間仕切り壁を設けることなく、広いリビングやダイニングなどゆったりとした大空間の間取りを検討するのもよいですね。


<メリット3>地震に強い丈夫な家づくりができる

耐震性に関しては、鉄骨の建物は鉄や鋼の「粘り」によって地震に耐える構造になっています。

地震で力が加わったとしてもその粘りによってしなり、変形するため地震のエネルギーを吸収し、倒壊しにくいと言われています。


鉄骨住宅のデメリット