Eb786131 5523 4d13 9864 6ff4fac0b5b1

ハウスメーカーとは?意味や特徴・メリット、工務店との違いを詳しく解説

家選びネット公式 (ie-erabi.net) 2023-05-26
基礎知識

ハウスメーカーという言葉の意味をご存知でしょうか。簡単に言うと家をつくる会社のことを言いますが、工務店で何が違うのかよく分からないという方もいるでしょう。今回は、新しい家づくりのために、ハウスメーカーとは何か、工務店との違いや大手ハウスメーカーで家を建てるメリットなどを紹介します。


ハウスメーカーとは?



新しい家づくりを誰に相談するか考えたときに、思いつくのはハウスメーカーという方も多いのではないでしょうか。まずは、ハウスメーカーの意味やおすすめの大手ハウスメーカー、大手ハウスメーカーで家を建てるメリットなどを紹介します。


ハウスメーカーの意味

ハウスメーカーの意味について、言葉そのものに正確な定義はありません。一般的に、住宅の建築・販売を行っている企業をハウスメーカーと呼んでいます。いくつもの都道府県に営業網を持ち、建築だけではなく住宅資材の開発・販売・アフターサービスなどを行っている大手企業をハウスメーカーと呼ぶことが多いです。各地の住宅展示場で、自社ブランドの住宅をモデルハウスとして展示しているのもハウスメーカーです。


どのようなハウスメーカーがあるのか

では、実際にどのようなハウスメーカーがあるのか、気になる方もいるでしょう。例えば、次のような企業が、大手ハウスメーカーとして知られています。


  • 積水ハウス
  • ダイワハウス
  • 住友林業
  • セキスイハイム
  • トヨタホーム
  • パナソニック ホームズ
  • ヘーベルハウス
  • ミサワホーム


大手ハウスメーカーには、「技術力がある」「デザイン性の高い」など、各社に強みがあります。自分が理想とする家づくりをするために、それぞれの特徴をよく調べて、比較してみることが大切ではないでしょうか。

【関連記事】大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!工務店との違いやおすすめポイント


大手ハウスメーカーの特徴。家を建てるメリットは?



ここからは、多くのハウスメーカーに共通している強みや特徴を3つご紹介します。


<特徴1>豊富な知識や技術を活かした住宅が建てられる

大手ハウスメーカーの一番といってもよい特徴は、豊富な知識と技術力があることです。各メーカーはそれぞれに独自の規格や工法などを採用しており、一定レベルの品質を保てるので安心して任せられるでしょう。


<特徴2>信頼できる営業担当者がいる

家づくりは設計以外にも決めることがたくさんあります。そのため、信頼できる営業担当者にサポートしてもらうことも大切です。大手ハウスメーカーは営業担当者の教育に力を入れており、総合的に質の高い顧客サポートが期待できるでしょう。


【関連記事】大手ハウスメーカーの営業マンの特徴を知る!豊富な知識と提案力がポイント

<特徴3>アフターサービスが充実している

大手ハウスメーカーは、独自のアフターサービスを備えていることが多いです。定期点検がマニュアル化されているので、営業担当者が変わっても長期にわたり安心してメンテナンスを受けることができるでしょう。


【比較】大手ハウスメーカーと工務店の違い


ここまでハウスメーカーについてお伝えしてきましたが、家づくりの依頼先として、ハウスメーカーのほかに「工務店」という選択肢もあります。どちらも「家をつくる」ということは共通ですが、どのような違いがあるのでしょうか。大手ハウスメーカーと工務店の違いを説明します。


対応エリア

大手ハウスメーカーは全国規模の営業網で、施工エリアも広範囲です。一方の工務店は、色々なタイプがありますが、比較的小規模なところが多く、大手ハウスメーカーほど広範囲ではない場合が多いでしょう。


工期

大手ハウスメーカーの工期は、工務店に比べて短期間である場合が多いです。メーカーの工場で自社規格の材料をつくっており、材料調達から施工までの作業がシステム化されているのがその理由。工務店は、大工さんが現場で作業することになるため、工期は少し長くなる傾向にあります。


施工品質

大手ハウスメーカーは、メーカー独自の規格があり、自社工場で材料を準備しているため、一定の施行品質を保ちやすいです。一方、工務店の多くは現地で材料の加工を行うことが多く、職人の技術が品質を左右すると言えます。


プランの自由度

ハウスメーカーの家は、デザインの自由度がそれほど高くはありません。基本となる標準プランがあり、プランの中から希望にあわせて選ぶスタイルがほとんどだからです。万人受けする間取りやデザインが採用されているため、迷わずに選びたいという方にはオススメです。


工務店は家づくりをゼロから行うので、プランの自由度は比較的高いです。細部にまでこだわったマイホームを建てたい人や、地域の特性に合わせた家づくりを希望する人には、工務店がオススメです。


保証・アフターメンテナンス

ハウスメーカーも工務店も、新築住宅は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、主要構造と雨漏り関係については10年間保証されます。それに加えて、双方のアフターメンテナンスにはそれぞれ次のような特徴があります。


大手ハウスメーカーは長期の住宅保証を掲げているところが多いです。経営基盤が安定しているため、保証期間中に倒産してメンテナンスを受けられなくなる心配が少ないでしょう。中には最長60年の長期保証があるハウスメーカーもあります。


工務店は地域密着であるため、その土地の気候や風土等に詳しく、家を建てた地域の事情に合ったメンテナンスを受けられます。


【関連記事】ハウスメーカーと工務店の違い。比較したい7つの違いと選び方を解説


ハウスメーカーの意味や特徴を把握し、理想の家づくりを



ハウスメーカーという言葉の意味とともに、ハウスメーカーや工務店の特徴をご紹介しました。注文住宅を建てる場合、理想的な家は人によって異なります。大手ハウスメーカーに関する情報は、インターネットやパンフレット、住宅展示場でも得ることができます。資料を取り寄せるなどしてハウスメーカー同士を比較してみて、自分の理想の家をつくれるハウスメーカーに出会えるとよいですね


【関連記事】大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!工務店との違いやおすすめポイント

この記事を読んだあなたにおすすめ

064e8971 b8f5 422d 9657 f95953a1f6f4

耐震等級3は必要?耐震等級の意味や調べ方、証明する費用やメリットを解説

「耐震等級とは?」「耐震等級3を証明するメリットは?」など、新築住宅を建築する際に気になる人もいるのではないでしょうか。地震に強い建物を建てるためには、どのような家づくりをするとよいのでしょう。...

基礎知識2022-05-27

C7f94ac1 5a84 401d ac0a eafafc25fcbc

大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!工務店との違いやおすすめポイント

...

基礎知識2022-06-29

A0944bd7 df51 4aec 854a 23e0686ac096

「耐火構造」とは?防火構造との違いや基準について詳しく解説

耐火構造は、火災時の被害を最小限に抑えることを目的として法律で定められた建物構造の一つです。よく似た言葉に「防火構造」がありますが、それぞれの定義...

基礎知識2023-11-24

ご希望のエリアをお選びください