坪単価の計算方法。坪単価の変動ポイントを知って注文住宅の予算を検討!

基礎知識 2021-07-29
841ed3cb 82a6 4069 9e31 16e2d9f88b74

坪単価とは何か、計算方法や平米(㎡)単価から坪単価への換算方法が気になる方もいるのではないでしょうか。土地購入の際には、坪単価が変動するポイントも知っておきたいところです。今回は、坪単価の具体例を交えた計算の仕方や、ハウスメーカー選びで気をつけたいことなどをご紹介します。


坪単価とは。考え方と計算方法


不動産広告などで「坪単価」という言葉を目にする機会もあるのではないでしょうか。注文住宅を建てる際や住宅ローンの借入額を考えるときの参考にする方もいるかもしれません。まずは、坪単価の基本的な考え方と計算方法を確認しましょう。


坪単価とは、建物の床面積1坪あたりの建築費のこと

坪単価とは、建物一坪あたりの建築費を指した言葉です。一坪とは、およそ3.3平米(㎡)で、畳約2枚分の広さを表しています。


坪単価を算出するための一般的な計算方法は以下の通りです。


参考本体価格 ÷ 想定延床面積(坪) = 坪単価


延床面積とは、各階床面積の合計を指します。例えば2階建て住宅の場合、1階と2階がそれぞれ20坪づつだと、延床面積は40坪となります。参考本体価格が4000万円の場合、坪単価は以下のような計算式となります。


4000(万円) ÷ 40(坪) = 100万円

この計算により、坪単価は100万円だと分かります。


住宅の価格表示に注意!坪単価の計算方法はハウスメーカーによってそれぞれ

坪単価の計算方法には一定のルールがないため、建築費用の参考にする場合は注意が必要です。ハウスメーカーによって計算方法が異なる場合があるのです。設備のグレードなど、建てる家の条件によっても坪単価は変動するため、坪単価だけで「家が高い、安い」などといった判断をすることは避けたいところでしょう。


一方、一般的なマンションの場合は、景品表示法により公正競争規約が定められており、表示ルールが統一されているため坪単価が比較しやすくなっています。一戸建てとマンションに違いがあることを理解しておきましょう。


関連記事:建坪とは?2階建ての計算例や「坪単価」「延床面積」「建築面積」との関係


平米単価から「坪単価」に換算する計算方法


平米単価とは、建物の床面積1㎡あたりの建築費のこと

注文住宅などの参考本体価格を坪数ではなく延床面積(㎡)で割ると、1平米あたりの単価が計算できます。これを「平米単価」といいます。


平米単価を、先述した坪単価の例で考えてみましょう。40坪を平米に換算すると、1坪=約3.3平米なので、40坪=約132平米となります。参考本体価格が4000万円なので、以下のような計算で平米単価が求められます。


4000(万円) ÷ 132(㎡)= 30.3…

つまり、床面積1㎡あたりの建築費は約30.3万円となります。


平米単価を坪単価に換算する計算式

平米単価を坪単価に換算したい場合、1平米=0.3025坪と換算できるため、計算式は以下となります。


平米単価(万円) ÷ 0.3025 = 坪単価(万円)


平米単価が30.3万円の場合は

30.3(万円) ÷ 0.3025 = 100.16…(万円)

となり、坪単価は約100万円と計算できます。


坪単価が変動する2つのポイント


不動産広告等に記載されている坪単価は、あくまで広告に書かれた条件で家を建てた場合の価格です。注文住宅を建てる場合は、設備のグレードや間取りプランを変更することもあるかもしれません。そうなると、坪単価が変動することもあります。ここでは、坪単価が変動するポイントを解説します。


ポイント1:延床面積が小さいほど坪単価は割高になる

坪単価60万円で40坪2400万の物件がある場合、10坪減らしたからといって600万円コストダウンできるわけではありません。「家が小さくなった分、本体価格も下がって坪単価を抑えられるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、坪単価は割高になるケースが多いでしょう。


なぜなら、延床面積が小さくなっても、本体価格に含まれる設備費用や諸経費など住宅に必須の費用は変わらないためです。そのため、延床面積が小さくなると、一坪当たりの費用は割高となってしまうのです。


ポイント2:施工床面積で計算している場合は坪単価が下がる

ハウスメーカーによっては坪単価の計算に、延床面積ではなく「施工床面積」を使用している場合があり、坪単価が変わる要因となります。「施工床面積」とは、延床面積には算入されない玄関ポーチやバルコニー、小屋裏収納やロフトなど施工部分すべてを含めた面積のことです。


施工床面積を使って坪単価を計算した場合、延床面積よりも面積が広くなる分、坪単価は下がります。注文住宅を検討する際には、坪単価の計算方法にも注目しましょう。


坪単価からハウスメーカーを選ぶときに気をつけたいこと


注文住宅を建てるとき、坪単価を参考にして、ハウスメーカーを選ぶ方も多いのではないでしょうか。ここでは、ハウスメーカーを検討するときに注意しておきたいことを紹介します。


坪単価に別途付帯工事費や諸経費は含まれない。予算の伝え方に気をつけよう

坪単価の計算に使われる「本体価格」とは、建物本体を建築するためにかかる費用のことを指します。土地の地盤工事費や照明設備、インテリア工事などにかかる「別途付帯工事」、登記費用や住宅ローン手数料、火災保険料や印紙代などの「諸費用」は本体価格に含まれません。


家づくり全体の費用を考えた時、別途付帯工事費は2割前後、諸費用は1割前後かかると言われています。坪単価を参考に注文住宅の予算を考えるときは、坪単価に含まれない費用が別途かかることを頭に入れておきましょう。


複数のハウスメーカーに見積もり依頼をするときは内容の違いに注目

注文住宅建築の依頼先を探すとき、複数のハウスメーカーに見積もりを依頼する場合もあるでしょう。見積もりの作り方はハウスメーカーによってそれぞれです。見積もりを比較するときは、費用面で後悔することのないよう「金額の内訳に違いはないか」「建築費に違いがある場合は何が違うのか」をしっかり確認し比較するようにしたいですね。


関連記事:大手ハウスメーカーの特徴を一覧で比較!検討初期に知りたい基本情報まとめ


坪単価の計算方法を理解して注文住宅の予算を考えよう!


不動産広告などで見る「坪単価」の計算方法や、坪単価の計算が変動するポイントなどをご紹介しました。坪単価とは、建物の延床面積1坪あたりの建築費を指します。計算方法には一定のルールがないため単純に比較することはできませんが、家づくり予算を検討する際の参考になるでしょう。


注文住宅の予算を考えるときは、坪単価のほか、別途付帯工事費や諸費用などのことも頭に入れておくことが大切です。インターネットには坪単価の計算サイトなどもありますが、坪単価自体の意味や計算式をしっかり理解して、家づくりを進められるとよいですね。


関連記事:一戸建て住宅の平均坪数や延床面積。求める広さはどのくらい?

関連記事:マイホームの平均坪数は何坪?理想の坪数を考えるときのポイント

この記事を読んだあなたにおすすめ

F30c383d 2580 43df af8c 70deda574d4c

注文住宅の諸費用。シミュレーションでわかる準備すべき費用の内訳

注文住宅の諸費用について、「お金はいくら必要?」「費用シミュレーションはできる?」など気になることもあるのではないでしょうか。今回の記事では、新築住宅購入の際に必要な諸費用の内訳一覧や、諸費用の...

基礎知識2020-10-28

1b637d90 5888 4149 86e1 3c30e5c3d8b6

農地転用とは?費用や手続き期間など自分で届出するためのポイントを解説

「農地転用とは?」「許可を得るために必要な費用や期間を知りたい」など、農地転用の手続きについて気になることもありますよね。自分で手続きを行うには、農地法「第4条」「第5条」の内容を知っておくこと...

基礎知識2021-08-27

D23345ae 0869 462d ba0a 0a9adb3bdd51

軽量鉄骨造とは?メリット・デメリットや木造・RC造との違いを解説

軽量鉄骨造とは何か、耐用年数や防音性など構造の特徴を知りたい方もいるのではないでしょうか。鉄筋コンクリート造・木造との違いも気になるところです。今回は、軽量鉄骨造に注目し、騒音が気になる場合の対...

基礎知識2021-07-15