ビルトインガレージのメリット・デメリット。新築一戸建ての間取りや実例を紹介

間取り・設備 2019-08-20
5e783559 cc91 48d8 bdc8 b30146bb2f03


ビルトインガレージのある新築一戸建てには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ビルトインガレージとはどのような意味なのかや、かかる費用、間取りが気になる人もいるかもしれませんね。今回はビルトインガレージのメリット・デメリットや、ビルトインガレージのある一戸建ての実例をご紹介します。


ビルトインガレージとは


ビルトインガレージとは、車を格納するスペースを一戸建ての住宅1階部分に組み込んだガレージのことで、車が入るように1階に大きな開口部があることが特徴です。広さによっては駐車スペースとしてだけではなく、物置として利用することもできるので、汎用性の高い便利なスペースとして自由な使い方ができるでしょう。


新築一戸建てにビルトインガレージを作る3つのメリット


メリット1:風雨やいたずらから車を守ってくれる

ビルトインガレージは外付けのカーポートとは違い、車を外にさらさずに済みます。そのため、車へのいたずらや盗難など不要なトラブルに巻き込まれにくいでしょう。また車に雨風が当たるのを防げるため、傷がつきにくく、雪や台風の被害が多い地域でも大切な車を守ることができます。


メリット2:居住スペースと車が近いため乗り降りが楽

建物の中に駐車場があるため、天気が悪くても乗降時に雨に濡れる心配がありません。また、車から居住スペースまでの導線が短いので、重い荷物の持ち運びも楽になるでしょう。家の前の道路が狭く、長時間駐車できない場合も、ガレージに駐車することで他の車を気にせずに作業ができます。


一戸建てを新築する際は、居住スペースへ直接出入りできる設計でビルトインガレージを作ると、日常生活の中でもメリットと感じる場面が多いのではないでしょうか。


メリット3:税金の免除がある

ビルトインガレージを作った場合、建物の固定資産税は、ビルトインガレージのない住宅よりも低くなる場合が多いでしょう。理由は、建物全体の延べ床面積のうち、ビルトインガレージの床面積が5分の1までの広さなら、そのスペースは固定資産税の計算外となるためです。


ただし、ガレージの入り口に電動シャッターを付けるなど、設備によっては固定資産税の対象となる可能性もあります。また、ビルトインガレージの評価方法は自治体によって異なるため、あらかじめハウスメーカーと固定資産税についても相談しておくと安心でしょう。



新築一戸建てにビルトインガレージを作る3つのデメリット


デメリット1:騒音や排気ガスが気になる

ビルトインガレージのある一戸建ては、1階部分がガレージとなるため、車の騒音や振動が気になる場合もあります。早朝や深夜に車を出し入れする生活パターンの場合、家族の寝室やリビングの配置を考慮する必要があるでしょう。


また、ビルトインガレージは構造上、密閉した空間なので、車の排気ガスが溜りやすいというデメリットもあります。気になる場合は、「ガレージ内に換気扇を設置する」「自然換気ができる設計にする」といった工夫をしてみてはいかがでしょうか。


デメリット2:費用がかかる

一戸建ての1階に壁のない大きな開口部をつくるということは、ビルトインガレージのない一般的な一戸建ての構造とは大きく異なります。ビルトインガレージの部分は強度が弱くなるため、耐震性を考えた構造での施工が必要です。


しかしながら、ビルトインガレージを持たずに駐車場を借り続けた場合のコストを考えると、設備に必要な費用も決して高くはないと考えることもできます。ビルトインガレージをつくるかどうかは、車の維持費にかかる長期的なコストを考えて検討してみてはいかがでしょうか。


デメリット3:間取りの工夫が必要

ビルトインガレージをつくると、一戸建ての1階の大部分が駐車スペースになってしまいます。敷地の広さにもよりますが、一般的に1階に配置するリビングやダイニング、浴室などの間取りを2階に設ける必要がでてきます。


「騒音対策を考えると寝室の場所が限られる」など、居住スペースの間取りが希望通りにいかない場合もあります。ガレージをつくることで住みにくくならないためにも、ハウスメーカーと相談しながら、一戸建て全体の間取りを考えましょう。



【実例】ハウスメーカーがつくるビルトインガレージ


ハウスメーカーでビルトインガレージのある新築一戸建てを建てたいと考えている方もいるかもしれません。ハウスメーカーが手がけるビルトインガレージの実例を2つご紹介します。


2世帯住宅にも嬉しいビルトインガレージ

構造の強度を生かし間口と空間を広く確保することで、車2台を並列に駐車できるビルトインガレージの実例があります。ゆとりある駐車スペースが、適度な距離感を保ち居心地の良い環境作りに一役買ってくれそうです。


室内から愛車やバイクを眺められる

ビルトインガレージをリビングや書斎部屋に接するように配置することで、ガラス越しにいつでも愛車を眺めることができます。ビルトインガレージの下には好みでタイルを敷き詰めることもでき、まるでショールームのような雰囲気にも。車好きの人にとっては、部屋でくつろぎながら愛車を眺める最高の時間が過ごせそうです。


ビルトインガレージのメリット・デメリットを理解し新築一戸建てを建てよう



ビルトインガレージとは、車を格納するスペースを一戸建ての住宅1階部分に組み込んだガレージのことです。ビルトインガレージは、風雨やいたずらから車を守ってくれるほか、車の乗り降りがしやすいといったメリットがあります。一方で、騒音や排気ガスが気になったり、費用がかかったりするといったデメリットがあることも覚えておきましょう。

ビルトインガレージのある新築一戸建てを検討するときは、メリット・デメリットをしっかりと理解した上で全体の間取りや費用面をハウスメーカーと相談し検討できるとよいですね。

この記事を読んだあなたにおすすめ

A5ab80c7 1089 44b2 87a4 c21ae6965b5e

いまどきはリビングが勉強部屋!リビングの間取りとレイアウトの工夫

家で過ごす時間の中で、子どもが勉強する時間も大切にしたいですよね。最近の研究では、リビングを勉強部屋にするほうが子どもの成長によいとわかったようです。実際にどのような間取りやレイアウトが考えられ...

間取り・設備2019-02-28

333754a2 0ce1 4112 a89f 95225f6ed01c

家事動線のよい間取りのポイント。家事が楽になる住まいの工夫とは

マイホームの間取りを考える上で「動線」に対する配慮は、毎日の生活を便利にするために必要不可欠です。今回の記事では、料理、洗濯、掃除など毎日欠かせない家事を楽にするための間取りについて、意識したい...

間取り・設備2020-07-28

256f6876 4a6b 4aca 9a3c 166667ee92e0

旗竿地の間取り。解放感や採光を取り入れるための工夫や実例

旗竿地に建てる家の間取りに悩んでいる人もいるのでは。「日当たりの確保」「駐車場」「オシャレなアプローチ」といった希望を実現するためにはどのような間取りを考えるとよいのでしょうか。この記事では、旗...

間取り・設備2020-08-23

ご希望のエリアをお選びください