川沿いの家で後悔しない!メリット・デメリットやゴキブリ・虫対策を解説

選び方 2021-01-14
D3fff467 96a5 42cb ab2e 4cb3a07a7110

川沿いの家で後悔しないために、メリット・デメリット / ゴキブリや蚊などの虫対策を知りたい方もいるのではないでしょうか。川沿いの家で快適に過ごすための湿気やカビ対策、注意すべきポイントについて気になる方もいるかもしれません。今回は、川沿いの家の特徴を詳しくご紹介します。


川沿いの家が増えている理由


近年、川沿いの家が都市部で増えつつあります。「ウォーターフロント」「リバーサイド」と呼ばれる、商業関係が発達し利便性に優れているエリアの再開発が進んでいるからです。


下水道の整備などにより河川の浄化が進み、次第に川の水がきれいになっていることも、川沿いの家が増えている理由の1つでしょう。


川沿いの家に住むメリット


近年良く聞かれる川沿いの物件には、どのような特徴があるのでしょうか。川沿いの家に住むメリットをご紹介します。


<メリット1>日当たりや風通しがよい

川沿いの家は周りに建物などの遮るものがないため、日当たりや風通しがよいでしょう。夏場は川の水により冷えた涼しい風の通り道になるので、ヒートアイランド現象が起こりにくく、快適に過ごせることも魅力です。冷暖房にかかる電気代などの節約も期待できます。


<メリット2>眺望がよい

川沿いの家は、眺望の良さも魅力の1つです。通常は眼前に高層階の建物が建たないため、見晴らしが良く、開放感のある家を建てたい方にオススメです。場所によっては、家から花火を観賞することもできるでしょう。


<メリット3>自然が身近に感じられる

川沿いの緑地や公園などは整備されていることも多く、美しい自然を身近に感じられることもうれしいメリットです。天気の良い日は、外へ出て散歩やジョギングなどを楽しめるでしょう。春にはお花見ができるなど、四季の変化を楽しめるのも魅力的ではないでしょうか。


川沿いの家に住むデメリット