F935ed9f 7d45 45b7 8889 106d136a4fbc

分譲住宅とは?注文住宅や建売住宅との違いやメリット・デメリット

家選びネット公式 (ie-erabi.net) 2024-03-12
選び方

分譲住宅の購入で後悔しないためには、分譲住宅の意味やメリット・デメリットを知っておくことが大切です。また、分譲住宅と注文住宅・建売住宅の違いを知っておくことで、ベストな家選びができるでしょう。今回は、分譲住宅の特徴に加え、分譲住宅を探す際のポイントや住宅の種類による違いなどを分かりやすく紹介します


分譲住宅とは?


分譲住宅とは、分譲地に建てられ販売されている住宅のことです。不動産会社やハウスメーカーが広い土地を買い上げ、宅地として開発した土地を分譲地(詳しくは後述)といい、そこに建てられる住宅が分譲住宅です。


大規模な分譲地では、いくつかの区画に分けられて複数の分譲住宅が建てられます。具体的には、新興住宅地などに一斉に建てられる同じ造りの住宅をイメージするとよいでしょう。


分譲住宅の場合、土地と建物をセットで購入することになります。また、間取りや設備、仕様がある程度決まった形で建築されるのが一般的です。


なお、「分譲住宅」と呼ぶのは戸建ての場合がほとんどで、マンションの場合は「分譲マンション」と呼ばれます。


【関連記事】分譲とは?意味や「分譲住宅」「分譲マンション」の特徴、「賃貸」との違い


注文住宅や建売住宅との違い



一戸建て住宅には、分譲住宅以外にも「注文住宅」や「建売住宅」があります。


「注文住宅」は、オーダーメイドで建設するのに対し、すでに建設された住宅を販売するのが「分譲住宅」や「建売住宅」です。以下では、それぞれの特徴や分譲住宅との違いをくわしくご紹介します。


注文住宅とは

「注文住宅」とは、自分で選び購入した土地に自由な設計で建築していく住宅で、施工するハウスメーカーや工務店は自由に選べます。基本的には、間取りや設備、内外装などを1から仕上げられるという自由度の高さが注文住宅の最大の魅力でしょう。


その分、手間や追加コストが発生し、入居までの期間も分譲住宅に比べて長くかかります。また、土地がない場合にはまず土地探しから始める必要がある点に注意が必要です。


【関連記事】分譲住宅と注文住宅の違いは?メリット・デメリットや住宅比率・価格を紹介!


建売住宅とは

「建売住宅」とは、不動産会社などが購入した土地に住宅を建てた状態で販売されているものを指します。つまり、分譲住宅と同様、すでに建築された建物と土地をセットで購入できるので、短期間で入居できるという特徴があります。


分譲住宅との違いは「分譲地に建てられるかどうか」という点です。「分譲住宅」の場合もすでに建築済みの状態で販売されることもあり、ほとんど同じような意味合いで使われることが多いでしょう。


【関連記事】建売住宅とは?購入のメリットや注文住宅・分譲住宅との違いを比較


分譲地とは?


ここからは、分譲住宅を建てる土地を指す「分譲地」について、くわしく見ていきましょう。


先述のように、分譲地は不動産会社などが広い土地を区画整備し宅地用に販売している土地を指します。すぐに住宅が建てられるようにインフラなどが整備されているのが特徴です。


なお、土地を探す際に「宅地」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。宅地とは、土地の登記記録に記載される「地目」の種類の一つで、住宅を建てることができる土地のことを意味します。土地の状態によっては、電気やガス、上下水道のインフラなどが整備されていないため、住宅を建てる際は、購入者が費用を払ってインフラ整備などを行う必要があります。


【関連記事】分譲地の区画の選び方。人気の土地や選ぶときに大切にすると良いこと

【関連記事】分譲地とは。メリットやデメリット、購入時に知っておきたい注意点


分譲住宅のメリット


ここからは、分譲住宅を購入するメリットを確認していきましょう。


メリット1:購入価格がはっきりしている

一般的に分譲住宅の場合は、ある程度設計の決まった家が土地とセットで販売されます。販売価格にはあらかじめ土地代も含まれているため、土地、建物とも選択の幅が広い注文住宅に比べて、契約後に土地代などの追加コストが発生せず購入価格が明瞭といえます。予算がはっきりしていると、長期にわたる資金計画なども立てやすくなるでしょう。


メリット2:物件を見てから購入できる

注文住宅は自由度の高さが最大のメリットですが、図面やサンプルなどを使って設計を決めることになります。仕上がりのイメージがつきにくいため、完成後に「想像していたものと違う」と後悔する可能性も考えられます。


その点、分譲住宅の場合は、すでに建築済みの物件を内覧できるほか、購入物件が建築中であっても、似た設計の家を見学できるケースがほとんどです。購入前にじっくり物件を見て生活をイメージしやすく、間取りや設備、内装はもちろん、外構や立地、利便性に至るまで実際に見て納得してから購入できるのは嬉しいポイントではないでしょうか。


メリット3:幅広い人に支持されやすい

新興住宅地などに建てられることの多い分譲住宅は、不特定多数の方に向けて販売することを目的に設計されているため、それだけ幅広い人に支持されやすいという特徴があります。分譲住宅が建てられるエリアは、そこを中心に病院や商業施設、学校などが同時に建設されるケースが多いため、利便性の高い生活を送れるでしょう。長い人生を考えた際、将来売却する可能性も視野に入れている場合、分譲住宅は好条件といえます。


一方の注文住宅は、施主のライフスタイルを反映して設計されている住宅が多いため、売却を検討した場合にはこだわりの施工が足かせになるケースもあります。いざ売却したいとなった場合に買い手が付きやすい分譲住宅は、メリットが大きいといえるでしょう。


分譲住宅のデメリット